活用事例

ホーム > サポートブログ > ブログに活用!読ませる文章にするポイント!

活用事例

ブログに活用!読ませる文章にするポイント!

2017.04.05

ブログやウェブサイトの文章をもっと読ませるものにするためには、複数のポイントがあります。
ウェブでは、内容の良い文章が必ずしも読まれるわけではありません。
読んでもらえる工夫をしなければ、その内容は伝わりにくいです。
==================

「てにをは」を正しく使う

==================
「てにをは」とは、言葉のつじつまを合わせるために使う接続詞や助詞のことです。
例えば「彼女”が”由美さんです。」「京都”に”行きます。」などで使います。

文章によって適切な「てにをは」を使うことで、引き締まって読みやすい文章になります。
逆に「てにをは」を間違えると、読んでいるうちに意味がわからなくなったり、リズムが悪くなって読んでもらえない文章になるのです。

参照例
http://ncode.syosetu.com/n7897bk/

==================

好きな文章を真似てみる

==================

真っ白な状態から文章を書き始めるよりも、見本を真似ながら書くのもすごくいい勉強になります。
ウェブ上で好きな文章があれば、書き方を真似てみるといいでしょう。
内容を真似るのはコピーコンテンツにあたる厳禁ですが、タイトルのつけ方や文章の構成、語尾などを真似してみると面白いです。

ずっと同じ文章を真似る必要はなく、ひとつの記事を真似したら、次は違う良さがある別の文章を真似てみます。
このように、「読みやすい」と思う文章をただ読んで終わるのではなく、タイトル文章構成や表現などを真似てみると、もっと良さが見えてくると思います。
==================

実際に音読してみる(文章のリズムを確認する)

==================

1記事ができたら、実際に声に出して読んでみます。
声に出して読むと、文章のリズム感を耳で感じ取れます。

リズムが悪い、一文が長い、短すぎるなどを感じたら、すぐにそこで修正をしていきます。要は「、」と「。」のタイミングが適切であるかが問題なのです。
声に出さずに読むと、文章の間違いには気付けても、リズムの悪さには気付けません。仕上げには、必ず音読をする癖をつけましょう。

読まれる文章のポイントを押さえて、伝わる文章を目指していきましょう!